uz9RlUx

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 21:55:26.26 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「何か数字とアルファベットの羅列が描かれてるわね」

シャロ「計算用紙になるかもしれないしとりあえずもって帰ろう」



千夜「あらシャロちゃん、いらっしゃい。新作ができたんだけど食べていく?」

シャロ「いいんですか!?やったぁ」

千夜「はい『生命司る永遠の神秘』よ。」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:02:55.47 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「ところで、テスト勉強は進んでる?」

シャロ「まぁ...それなりには」

千夜「もし私に手伝えそうなことがあったら遠慮なくいってね」

カランカラン

ココア「千夜ちゃん遊びに来たよー」

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:06:41.55 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「リ、リぜ先輩!!!」

リぜ「お、なんだシャロはテスト勉強中か?頑張れよ」

シャロ「はうあ、リぜ先輩に応援された。これは何としてでも学年一位を取らなければ」

ココア「ところで千夜ちゃん、新作ってどんなの?」

千夜「ふふっ、今出すからちょっと待っててね」

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:11:55.61 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「はい、これが新作の『生命司る永遠の神秘』よ」

ココア「なにこれすご~い!透明でプルプルしてる~」

リゼ「く、くずもちか...相変わらずわかりづらいメニュー名だな」

ココア「んっ!これ、すごくおいしいよ千夜ちゃん!!」

千夜「そうでしょ、今回のは超高級なものを使ってみたの」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:16:05.67 ID:s/6dSdxt0.net
バン!!

チノ「ココアさん!大変です、ティッピーが!」

ココア「チノちゃん!?そんなに息を切らせてどうしたの!?」

チノ「と、とりあえず来てください、ティッピーが...」

ココア「わかったよ」タッタッタ

リゼ「何、ティッピーがどうしたんだ!?私も行くぞっ」タッタッタ

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:19:54.65 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「行っちゃったわね」

千夜「ラピッドハウスは相変わらず忙しそうで」

シャロ「じゃあ私も長いしたら邪魔そうだしそろそろ帰るわ」

シャロ「くずもちご馳走様」

シャロ「って、腕なんかつかんでどうしたのよ」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:21:52.41 ID:pVPXnzbt0.net
千夜ちゃんってエクストリームガンダムアイオスフェースとか好きそう

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:23:42.22 ID:8MgsisJ60.net
千夜ちゃんって討鬼伝で鎖鎌使ってそう

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:24:22.12 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「お代」ニコッ

シャロ「えっ?」

千夜「だからお代を」

シャロ「え...お金とるの?」

千夜「えぇ...まぁ、一応商売だしね。あとココアちゃんとリゼちゃんの分もお願いね」

シャロ「しょ、しょうがないわね...いくら?」

千夜「52万とんで300円ね」

シャロ「えっ!!!!????」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:28:35.31 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「もう、からかわないでよ」

千夜「嘘じゃないのよ...」

シャロ「じょ、冗談でしょ!?あんなイクラの抜け殻みたいなものに50万って」

シャロ「そもそも私が300円以上持ってるはずないじゃない」

千夜「とは言ってももう食べちゃったし...」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:34:00.69 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「困ったわね...」

シャロ(というか50万なんて何年分の賃金なのよ。こうなれば...)

シャロ「わかった、じゃあココア呼ぶからちょっと待って」ピポパポ

シャロ「あ、もしもしココア?今から甘兎庵に」

ココア「シャロちゃん、大変なんだよっ!!!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:35:39.50 ID:muUZkIF00.net
ただの鬼畜じゃないか

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:39:20.00 ID:s/6dSdxt0.net
ココア「私があげた納豆ジュースがティッピーには毒だったみたいで、それで今チノちゃん達と病院にいるんだけど」

ココア「治療費に300万必要だって言われちゃって...」

シャロ「さ、300万!?」

ココア「あ、パパさんが出てきた。ごめんねシャロちゃん、そんなわけだから切るね」プツ

シャロ「さ、さすがにココアに借りるのは無理がありそうね...」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:44:49.34 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「他に頼める人といえば...」

シャロ「いや、リゼ先輩だけは。こうなったら頼み込んで後払いに」

千夜「どう、いけそう?」

シャロ「いや、そのことなんだけど...」

バン!!!

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:48:54.93 ID:s/6dSdxt0.net
青山「おい、千夜さんよぉ。金は用意できたんだろな?」ガシッ

千夜「いっ痛いっ」

シャロ(青山さん!?私の知ってる青山さんはこんな人じゃ...)

青山「んで、金は?」

千夜「まだです...ごめんなさいごめんなさい」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:52:13.74 ID:s/6dSdxt0.net
青山「ちっ、使えねぇなぁ」

千夜「きゃっ」ドスン

青山「明日までに用意できなかったら分かってんだろなぁ」

青山「用意しとけよ」バタン

シャロ「だ、大丈夫?」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 22:55:53.54 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「ごめんねシャロちゃん、私、シャロちゃんを騙してて...」

シャロ「そんなことより、いったい何が...」

シャロ「青山さんっていつもここにきて小説書いてたんじゃなかったの?」

千夜「そう...だったんだけど...」

千夜「実はおとといのことなんだけど」

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:03:03.59 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「青山さん、ハリウッド映画の脚本の仕事をもらったとかでずっと張り切ってて」

千夜「それで完成した原稿を読ませてもらったんだけど...」

千夜「その時にあんみつジュースをいっぱいこぼしてインクの字が全く見れなくなったの」

千夜「それで昨日仕事がなくなったって...あと賠償金で500万払わないといけないらしくて」

シャロ「500万って...ココアのことといい、なんだか感覚が麻痺してきたわ」

シャロ「でもじゃあ残りの450万は?」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:06:38.45 ID:s/6dSdxt0.net
千夜「それはいままでの貯金で何とか...でもあと少し足りなくて」

シャロ「でもそれって今まで頑張って働いて溜めたお金じゃ」

千夜「でも私が悪いから」

千夜「そんなことよりも、シャロちゃんを騙そうとした自分が情けなくて...」

シャロ「私は気にしてないわよ」

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:11:46.28 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「それよりも残りの50万をどうするかね」

千夜「シャロちゃんは関係ないんだし、気にしないで」

千夜「私が頑張るから」

シャロ「何よ、私だって手伝うわよ」

千夜「お願いシャロちゃん、これ以上シャロちゃんを巻き込みたくないの」

千夜「今日はもう店じまいだからまた今度ね」グイグイ

シャロ「えっ、ちょ、ちょっとっ!」

バタン

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:17:12.85 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「追い出されちゃった」

シャロ「でも関係ないからってほっとくわけにはいかないし...」

シャロ「ココアのほうも気になるし、一回ラピッドハウスに行ってみようかな」

ガチャ

シャロ「こ、こんばんわ~」

シャロ「だ、誰もいない...でもお店は空いてるってことは奥にいるのかな」

シャロ「ちょっとくらいなら入っても大丈夫だよね...」

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:24:12.05 ID:s/6dSdxt0.net
チノ「ティッピー、ティッピー」グス

チノパパ「そこにいるのは誰かな?」

シャロ「あっ、す、すいません勝手に上がっちゃって」

チノパパ「いや、いいんだ。たしか君はココア君の」

シャロ「はい。あの、ティッピーは」

チノパパ「もって明日までらしい...手術さえできれば...」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:31:09.79 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「そんな...ココア、ココアはどこにいますか?」

チノパパ「ココア君なら私が帰ってきたときにはお金を集めて戻りますとかいた置手紙だけ残していなくなってたよ」

シャロ「どこに行ったかとかわかりませんか?」

チノパパ「すまないが私にも...今リゼ君が探しに行ってるはずだが」

シャロ「わかりました、ありがとうございます」タッタッタ

シャロ「ココア、いったいどこに...」

ザァァァァァァ

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:36:27.67 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「うわっ、すごい雨...さっきまで全く降ってなかったのに」

シャロ「こんな中見つけられるかな。それにお金も集めなきゃいけないのに」

シャロ「とりあえずリゼ先輩に」ピポパポ

シャロ「繋がらない...やっぱり探すしかないか」バシャバシャバシャ

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:42:25.87 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「おーいココア―!いたら返事して―!」

シャロ「ダメだ、見つからない...暗くてよく見えないし」

シャロ「いや、諦めちゃだめよ、少し頭を使おう」

シャロ「ココアはお金を集めてくるって置き手紙を残してた。つまりすぐに300万稼げる場所?」

シャロ「いや、そんなの不可能だわ。そしてリゼ先輩も探してるということは...」

シャロ「考えられる場所は一つ」バシャバシャ

ドスン

シャロ「キャッ」

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:45:50.52 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「いたたたた、ごめんなさい」

シャロ「って、奈津さん?大丈夫?」

恵「・・・」

シャロ「あの、奈津さん..だよね?」

恵「ツボが...」

シャロ「えっ?」

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:51:18.31 ID:s/6dSdxt0.net
恵「ひぃひぃひぃおじいちゃんが宝物にしてたツボが...」

シャロ「う、嘘でしょ...もしかして割れちゃった!?」

シャロ「暗くてよく見えないわね」パキッ

シャロ(うっ...いま明らかに何かの破片を踏んだ感触が...)

シャロ「一度明るいところに行きましょ」

恵「うん...」

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:55:17.23 ID:s/6dSdxt0.net
シャロ「やっぱり割れてるわね...」

恵「・・・」

シャロ「奈津さん、お家に案内してくれる?事情を説明しなきゃ」

恵「・・・」

シャロ「だ、大丈夫、ぶつかったのは私のほうだから奈津さんは何にも悪くないよ」

シャロ「だから私は謝らないといけないからお家に連れてってくれる?」

恵「・・・うん...」

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/20(日) 23:59:42.34 ID:s/6dSdxt0.net
恵ママ「おかえり、遅かったじゃないの」

恵ママ「それで、そちらの方は?」

シャロ「あの、すいません!私、奈津さんとぶつかっちゃって...」

シャロ「それでツボが割れちゃって、その...」

恵ママ「そんな気にしなくていいわよ」

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:04:49.30 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「いや、そんなわけには...」

シャロ「えっと、いくらくらいしますか?私弁償しますんで」

恵ママ「たしか300万で買ったって聞いたけど...」

シャロ「さ、300万...本当に感覚が」

恵ママ「でも私には邪魔なものだったっし、弁償なんていいわよ」

恵ママ「それよりも、そんなずぶ濡れで何かあったの?」

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:09:40.83 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「実はココアが、あっ私の友人が行方不明で」

恵ママ「なら尚更こんなこと気にしないで」

シャロ「いや、でも...」

恵ママ「ココアちゃんが心配なんでしょ?早くいきなさい」

シャロ「・・・」

シャロ「すいません、ありがとうございます」ガチャ

シャロ「また、金額増えちゃったな...」タッタッタ

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:12:17.55 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「いつの間にか雨が止んでる」

シャロ「急がなきゃ」

バン!

シャロ「千夜、ココア来てない?」

ココア「シャ、シャロちゃん!?」

シャロ「やっぱりここだったのね」

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:17:15.87 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「チノちゃんのパパが心配してたわよ」

ココア「でも...」

ココア「チノちゃんにどんな顔すればいいかわからなくて」

ココア「それに手術費も全然で」

千夜「ごめんねココアちゃん、力になれなくて...」

千夜「シャロちゃん、私たちは大丈夫だから今日はゆっくり休んで」

千夜「明日は大事な試験なんでしょ?」

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:20:46.23 ID:Z5ptWC++0.net
千夜「それとはいこれ」

シャロ「タオルと...新聞紙?」

千夜「靴の中に丸めて入れておくと乾きが早くなるから」

シャロ「あ、ありがとう」

シャロ「でも私は試験よりもやっぱり二人のほうが...」

リゼ「大丈夫だ心配するな!この二人には私がついてる」

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:26:30.79 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「リ、リゼ先輩」

リゼ「だから安心して休め」

リゼ「お前がいるとテストのことが心配で余計に二人のことを考えられなくなる」

シャロ「わかりました」

シャロ「でももし、私に何かあればすぐに言ってください」

リゼ「ああ、わかった。お休み」

パタン

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:31:07.58 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「あとはリゼ先輩に任せて今日はもう寝よう」

シャロ「今日はすごい疲れた...」

シャロ「これが夢だったらいいのに...」

シャロ「おやすみなさい」

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:34:47.87 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「ダメだ、寝れない...」

シャロ「確かリゼ先輩のお父さんはお金持ちって聞いたことがあるけど...」

シャロ「やっぱり確認して来よう」

ガチャ

シャロ「あの」

リゼ「シャロ、どうしたんだ。家に戻ったんじゃなかったのか?」

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:39:10.89 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「すいません...」

シャロ「でもリゼ先輩はどういう風に解決するつもりですか?」

リゼ「それは今話し合ってる」

リゼ「私の家のお金をつかえたらいいんだが、あいにく今父は仕事で一か月ほど戻ってこれないらしい」

シャロ「そう...ですか」

リゼ「まぁ何とかなる!だからシャロ、お前はもう休め」

パタン

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:41:21.03 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「具体策はなしか」

シャロ「もう私ができることはないかな...」

シャロ「あとはリゼ先輩に任せて...」

シャロ「でもこのままじゃ確実にココアとチノちゃんの関係が...」

シャロ「行かなくちゃ」

タッタッタ

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:44:23.04 ID:Z5ptWC++0.net
チノパパ「君はさっきの」

シャロ「夜遅くにすいません、チノちゃんは...」

チノパパ「チノなら自分の部屋にいるが」

シャロ「わかりました!」

チノパパ「・・・頼んだよ」

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:46:32.78 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「チノちゃん!」

チノ「シャロさん!?」

チノ「いまはその、一人でいたい気分です」

シャロ「いいから行くよ!」ガシッ

チノ「行くって、どこにですか?」

シャロ「そんなの、ココアのところに決まってるでしょ」

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:49:17.88 ID:Z5ptWC++0.net
チノ「で、でも、ココアさんにすごいひどいこと言っちゃって」

シャロ「じゃあココアと仲直りしなくていいの」

チノ「それは...」

シャロ「大丈夫、ティッピーは絶対助かる!」

シャロ「その時にココアがいなかったら寂しいでしょ」

チノ「・・・」

チノ「ココアさんのところに案内してください!」

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:52:44.45 ID:Z5ptWC++0.net
チノ「ココアさんっ!」

ココア「チノちゃん!?」

リゼ「どうしたんだこんな時間に」

チノ「私ココアさんに謝りたくて」

ココア「違うよチノちゃん、謝るのは私のほうだよ」

チノ「ティッピーがいなくなるのは嫌ですが、ココアさんがいなくなるのも私は嫌です」

ココア「チノちゃん...」

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:55:30.59 ID:Z5ptWC++0.net
リゼ「すまないシャロ、私は大事なことを忘れていた」

リゼ「ありがとう、助かった」

シャロ「せ、先輩///」

シャロ「じゃあ私はこれで」

リゼ「ああ。こんどこそおやすみだ」

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 00:58:02.30 ID:Z5ptWC++0.net
パタン

シャロ「これで私にできることはもう何も」

シャロ「そうだ、靴に新聞紙詰めときゃなきゃ」

シャロ「これは...今日の新聞?

シャロ「日頃読まないけどもしかしたらどこかに求人とかが」

シャロ「んっ!?」

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:01:03.89 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「た、宝くじ!?」

シャロ「そういえば今日...」ゴソゴソ

シャロ「ヘナヘナになってるけどこれってやっぱり」

シャロ「神様、どうか...」

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:04:05.06 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「100万」

シャロ「いや、10万でもいいから...」

シャロ「お願い...」

シャロ「一等は1億円か...違う」

シャロ「2等5000万...違う」

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:07:03.36 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「3等1000万...違う」

シャロ「4と...えっ!?」

シャロ「3等と全く同じ...」

シャロ「もしかして1000万...当たってるの?」

シャロ「・・・」

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:08:55.93 ID:jaY8y48U0.net
シャロちゃんみたいな娘は報われてほしい

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:10:25.94 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「でもそれでも青山さんが500万」

シャロ「ティッピーが300万」

シャロ「ツボが300万だから...」

シャロ「どっちにしても100万円足りない...」

シャロ「どうしよう」

シャロ「ん?」

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:12:55.61 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「あれ?」

シャロ「なんで私が払うんだっけ?」

シャロ「青山さんだってティッピーだって...」

シャロ「それにツボだって弁償はいいって」

シャロ「1000万あればこんな貧乏な生活をしなくても」

シャロ「・・・」

92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:14:45.27 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「・・・」

シャロ「・・・」

シャロ「・・・」

シャロ「・・・」

シャロ「ふふふっ♪」

94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:17:44.35 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「みんなまだやってるのかな?」

パタン

シャロ「まだ明かりがついてる...」

シャロ「私がこれをもっていけばすべて終わる」

シャロ「ふふっ♪」

シャロ「おやすみなさい」パタン

95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:17:53.43 ID:QjL4f7zk0.net
くっ、金は人を狂わせてしまうのかッ…

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:18:33.87 ID:jaY8y48U0.net
金は命より重い

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:20:22.14 ID:Z5ptWC++0.net
ピピピピピピピピピピ

シャロ「朝か」

シャロ「学校行かなくちゃ」

シャロ「結局テスト勉強あんまりできなかったな...」

シャロ「成績優秀者大丈夫かな...」

シャロ「まぁいいか」

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:23:42.36 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「あの、これ、交換できますか?」

おばちゃん「はいはい、えっと」

おばちゃん「あらすごい!3等」

シャロ「ふふっ」

おばちゃん「100万の小切手10枚になるけど大丈夫かい?」

シャロ「大丈夫です」

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:28:24.68 ID:Z5ptWC++0.net
おばちゃん「はいよ、気を付けてね」

シャロ「ありがとうございます」

シャロ「これが...」

シャロ「1000万の重み...」

シャロ「お洋服買って、遠くにお出かけして、おいしいものもきっといっぱい食べられるんだろな♪」

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:31:08.49 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「おはようございます、あの、これどうぞ」

チノパパ「おはよう、昨日は助かったよ」

シャロ「いえ」

チノパパ「それで、これは?」

シャロ「すいません、私学校があるので」

104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:32:35.10 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「千夜ちゃん」

千夜「シャロちゃん?」

シャロ「これ、はい」

千夜「?」

シャロ「じゃあ私学校あるから」

千夜「えっ!?」

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:36:29.58 ID:Z5ptWC++0.net
ピンポーン

恵ママ「はーい、あら昨日の...」

シャロ「あの、これ...」

恵ママ「何かしら」

シャロ「すいません100万円足りませんが、必ずすぐにお返しします!」

恵ママ「そんな...申し訳ないわ、こんな高校生に」

シャロ「すいません、学校があるので私はこれで」

106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:37:22.88 ID:RazemlWV0.net
女神シャロ

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:37:51.84 ID:QjL4f7zk0.net
故に世界は美しい

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:44:13.71 ID:Z5ptWC++0.net
シャロ「ふぅ、何とか学校に間に合いそうね」

シャロ「あと100万円はどうしよっかな...」トボトボ

シャロ「どこかでもう一個バイト探そうかな」

シャロ「ううん大丈夫、貧乏生活は慣れてるし」

シャロ「こんなんだからずっと貧乏なのかな...」

シャロ「まぁ、みんながいる方が幸せだし、いいか」

シャロ「よし、テスト頑張ろうっ!!!」


お・し・ま・い

113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:46:39.39 ID:Z5ptWC++0.net
最後まで見てくれた方、ありがとうございました

114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:46:51.73 ID:entXf1QM0.net

115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:48:39.85 ID:w6QTien50.net
乙です

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/21(月) 01:49:14.16 ID:jaY8y48U0.net
優しい世界だった

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1405860926/



スポンサーリンク