o0800045011864138579

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:09:15.87 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: ある朝!



やすな「でも、ただ部屋に来てもらうだけじゃ面白くない」

やすな「まずはソーニャちゃんを騙して青汁を飲ませて……」

やすな「それからソーニャちゃんに変な格好をさせて」

やすな「ソーニャちゃんの恥ずかしい写真をたくさん撮るんだ!」

やすな「ムフフフ……」

やすな「……うーん、何とかしてソーニャちゃんの恥ずかしい写真を撮りたいなぁ」

やすな「そうだ、あぎりさんに相談してみよう!」

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:11:41.14 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 忍者同好会の(元)部室っ!


あぎり「恥ずかしい写真を撮る忍法ですかー?」

やすな「そうです! ソーニャちゃんの恥ずかしい写真を撮りたいんです! 何か教えてください!」

あぎり「ううーん、そういうのはちょっと……素人の方が自分でやるのは、難しいですねぇ」

やすな「そうですか…残念」

あぎり「あ、でもぉ、恥ずかしい格好をしたくなる気分にさせるお薬なら、ありますよー」

やすな「え?! 何その怪しい薬! 欲しい!」

あぎり「媚薬って言うんですけどー、忍者的には必需品です」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:13:35.39 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「それ、ください!」

あぎり「ええー?」

やすな「ダメですか? お代は少しなら払えますけど…」

あぎり「うーん、そうじゃなくてー。 今までのと違って、媚薬は本物の忍術用品だから、一般の方に売るのはちょっと…」

やすな(今までのが本物じゃないの認めた!?)

あぎり「あ、でもぉ、試供品の使いきりパックがありますから、これで良ければ、タダで差し上げまーす」 (ニッコリ

やすな「なんか色々と矛盾してる気がするけど、もらいます!」



チョー: Baby, please kill me...

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:15:42.73 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 放課後……


やすな「ソーニャちゃん、帰りにウチに遊びにおいでよ!」

ソーニャ「嫌だ」

やすな「即答?! どうして嫌なの? なんで?」

ソーニャ「どうせ、くだらないこと企んでるんだろ?」

やすな「えっ? 何のことかな? 何も企んでないよ? ほんとだよ?」 (汗

ソーニャ「お前……ほんと分かり易いな」

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:17:43.42 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ねーねー、ソーニャちゃん来てよー! 一生のお願い!! お願いだからぁ!!」

ソーニャ「あー、うるさい!! 罠だと分かっていてノコノコと行く奴がいるか」

やすな「あっれぇ? もしかしてソーニャちゃん、私の家に来るのが怖いの? プロの殺し屋なのに?」 (プププ

ソーニャ「(ムカッ!) ああ、怖いね。 バカは何を考えてるか分からないから」

やすな「ひっどーい! 私が悪いこと考えてるわけ無いじゃん!」 (プンプン

ソーニャ「どうだか。 だいたい、お前の家に行くことで私に何のメリットがあるんだ?」

やすな「チッチッ……ダメだよ。 メリット・デメリットで人付き合いするようじゃ。 友達なくしちゃうよ?」

ソーニャ「くっ……余計なお世話だ」

やすな「ねぇ、来てよー! いいでしょー? 超もてなすから! マジでもてなすから! 来ないと損だよ!! 大損だよ!!!」

ソーニャ「うぜぇ……」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:20:05.86 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: かえりみち


ソーニャ(結局、行くことになってしまった)

やすな「うっふっふふー! うっれしっいなー! ソーニャちゃんがウチに来てくれるなんて!」

ソーニャ(まるでオモチャを買ってもらった子供だな…やれやれ…) 

やすな「そうだソーニャちゃん、ついでにウチで晩ごはん食べて行きなよ!」

ソーニャ「要らない」

やすな「もう、そう言わずにさぁ!」

ソーニャ「嫌だよ、長居したくないし」

やすな「じゃあ、お茶飲むくらいならいいでしょ?」

ソーニャ「まあ、それくらいなら…」

やすな「ほんと? やったぁ!!」

やすな(ふふふ。 なんとかしてソーニャちゃんに青汁と媚薬を飲ませないといけないからね)

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:22:32.28 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「……あっ! (肝心の青汁買うの忘れてた)」

ソーニャ「どうした?」

やすな「ちょ……ちょっと買い物するの忘れてたの思い出した!」

ソーニャ「じゃあ、そこのスーパーにでも寄っていくか」

やすな(まずいな……青汁を買うところをソーニャちゃんに見られてしまったら、元も子もない…)

やすな(買い物は別行動にしなくちゃ……!)

やすな「私は買い物してくるから、10分後にココに集合ね! じゃ!」 ダッ!

ソーニャ「あ、おい…! 買い物くらい付き合ってやるのに……何だ、あいつ」

ソーニャ「……」

ソーニャ(まあいい。 ちょうど近くに行きつけの店があるから、私はこっちで買い物していこう)

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:24:33.14 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: ……やすなの部屋!


やすな「どうぞどうぞ。 自分の部屋だと思って、くつろいでね」

ソーニャ「ん、すまんな」

やすな「……そして! なんと今日は! うちの親が旅行に出かけてて家にいません! まさにうってつけのシチュエーション!」

ソーニャ「何にだよ」

やすな「んふふふ……ソーニャちゃん……ついに…ふたりっきりになれたね!!」 ワキワキ

ソーニャ「変なことしたら殺す」 ナイフキラーン

やすな「あっ…もう、嫌だなぁ。 変なこととか……するわけないじゃん? じゃん?」

ソーニャ「全然信用できない」

やすな「そ、そうだ! 飲み物持ってくるから、ちょっと待ってて!」 ドタドタドタ…

ソーニャ「……」

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:26:38.29 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 折部家の台所……

チョー: そこには、ソーニャ用のグラスに青汁を注ぐやすなの姿があった!!



やすな「ククク…あまりの不味さに顔を顰めるソーニャちゃんが目に浮かぶわ……」

やすな「……ところで、あぎりさんから貰った媚薬はどうやって飲ませようかな?」

やすな「うーん、ソーニャちゃんは疑り深いから、チャンスは1回限り……」

やすな「そうだ! この青汁に媚薬を混ぜておけば、一度で両方飲ませられるじゃん!」

やすな「私って天才かも!!」

混ぜ混ぜ

やすな「クックック……媚薬入り青汁の完成だ……」


チョー: すごく、不味そうです……

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:28:41.07 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「はい、どうぞ」 コトン

ソーニャ「……おい」

やすな「なあに?」

ソーニャ「なんだ、この緑色の汁は?」

やすな「何って……抹茶……そう、アイス抹茶だよ! おいしいよ!」

ソーニャ「へー」 じーっ

やすな(さすがソーニャちゃん……カンが鋭い!)

やすな「疲れた身体には抹茶! カテキンたっぷり! ビタミンC!! さあソーニャちゃん、グイっと、どうぞ!!」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:30:34.97 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「お前、飲んでみろよ」

やすな「えっ?… だってそれ、ソーニャちゃんのだから、私が飲むわけには……」

ソーニャ「特別に許可してやる。 飲んでいいぞ。 っていうか飲め」

やすな「うぐぐ……」

ソーニャ「どうした……まさか、飲めないのか? ん?」 じーっ

やすな(くそぅ……普段なら、青汁くらい平気な顔で飲んでみせるところだけど……)

やすな(この青汁は、あぎりさんから貰った得体の知れないクスリ入り……さすがにこんなもの飲めないよ……)

ソーニャ「おい、早く飲め」

やすな「…………(くそぅ…くそぅ…)」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:30:40.90 ID:SN3IvGiY0.net
なるほど

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:31:47.50 ID:9WZwcRjh0.net
ふむ

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:32:36.34 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 結局、飲めませんでした。


やすな「すみません……これ……本当は青汁です……」

ソーニャ「やはりな。 まったく……私がこんなトラップに引っかかるわけ無いだろ」

やすな「……あれ? 怒らないの?」

ソーニャ「予想通りすぎて、怒る気にもならない」 

やすな「そっかー。 よかったー」

ソーニャ「いや、良くは無いが」

やすな「じゃあ改めて……ソーニャちゃん、この青汁をどうぞ!! グイッと!!」

ソーニャ「せっかく見逃してやったのに……死にたいのか?」

やすな「くそぅ! やっぱダメか!」

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:34:53.32 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「……まあいい。 飲み物とお菓子は、さっき買ってきたんだ。 ほら」 (ドサッ

やすな「えっ……どうして?」

ソーニャ「こうなることは予想できてたから」

やすな(最初から、全てお見通しだったと言うわけ?! ま、負けた……完敗だ……)

ソーニャ「それに、お前の家に邪魔するのに、手ぶらじゃ悪いしな」

やすな「もう、気を使わなくてもいいのに……。 でもソーニャちゃん、そういうとこは意外と常識的だよね」

ソーニャ「貴様……いちいち失礼だな」

やすな「うふふ……何を買ってきてくれたのかなー?」 (ガサゴソ

ソーニャ「色々買ってきたから好きなの飲んでいいぞ」

やすな「やったー! じゃあ私はこれ! ……ってこれビールじゃん!」 

ソーニャ「そうだけど?」

やすな「全然常識的じゃなかった!」

ソーニャ「どうした? 飲まないのか?」 プシュッ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:36:32.61 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ちょっと! なに普通にビール飲もうとしてんの! ダメだよ!」

ソーニャ「何が?」

やすな「何がって……未成年の飲酒は法律で禁止されているんだよ!」

ソーニャ「はぁ? ビールは酒じゃないだろ」

やすな「お酒だよ!」

ソーニャ「私の祖国では、子供でもビールくらい飲むぞ」

やすな「ここは日本だよ! 日本の法律は守って!」

ソーニャ「今さらそんなこと言われてもな……私は殺し屋だし」

やすな「くっ……こんなときまで殺し屋設定を持ち出してからに…!」

ソーニャ「設定とか言うな!」

やすな「だいたいどうやって手に入れたの、それ。 未成年は買えないでしょ?」

ソーニャ「知り合いが店をやってて、特別に売ってくれる」

やすな「なーんだ……って、それはそれで問題があるような」

ソーニャ「まあ、仕事上の付き合いがある店だから」

やすな「えっ? それって……真っ当なお店なの……?」

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:38:31.81 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「とにかく! 私の部屋では、日本の法律を遵守してもらいます!!」

ソーニャ(グビグビ)

やすな「あっ……ちょ……ねぇ聞いてる?」

ソーニャ「ぷはーっ……ん? なんか言ったか?」

やすな「このままじゃソーニャちゃんが不良になっちゃう!! 私がソーニャちゃんを更生させないと…!!」

やすな「いや、でも待てよ。 ここでソーニャちゃんが酔い潰れて寝てしまえば、あんなことやこんなことを……」

やすな「これは……ソーニャちゃんにイタズラする、またと無いチャンスかも!」

ソーニャ「おい、全部聞こえてるんだが」

やすな「さあソーニャちゃん、どんどん飲んでね! そして酔い潰れろ!!」

ソーニャ「偉そうに…。 言っておくが、私はビールくらいじゃ酔い潰れたりしないぞ」

やすな「はぁ?……あのねぇ、そういう『お酒強いアピール』は要らないから……」

ソーニャ「あ?」 (イラッ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:40:33.14 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「いいだろう……こんなビール程度、何本飲んでも酔わないことを証明してやる。 ほら、一本空けた
ぞ! 次をよこせ!」

やすな(ふふふ……ちょろいね、ソーニャちゃん)

ソーニャ「だが……さすがに1人で飲むわけにはいかない。 当然、お前も相手してくれるんだろうな?」 ニヤリ

やすな「えっ…? ちょっとぉ……未成年に飲酒を強要するつもり?! 通報しちゃうよ!」

ソーニャ「キサマも共犯だろうが。 ……ま、お前が飲まないなら、私もこれくらいにしておくが」

やすな「むむむ…」

やすな(ここで引いちゃだめだ……とりあえず誘いに乗って、ソーニャちゃんにたくさんお酒を飲ませよう)

やすな(そして、酔いつぶれたソーニャちゃんの恥ずかしい写真を撮るんだ! こんなチャンス、逃がすわけにはいかないよ)

やすな(大丈夫。 私はお酒飲んだこと無いけど、少しずつ飲めば酔わないはず……少なくとも、ソーニャちゃん
には負けない!!)


チョー: 根拠なし。

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:42:32.01 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「それじゃあ……私もビールいただこうかな」 プシュッ

ソーニャ「乾杯だ」

やすな「かんぱーい!」

ソーニャ(グビグビ)

やすな「くそぅ、私も負けてられない!(グビっ」

ソーニャ(お、やすなも意外と良い飲みっぷりだな)

やすな「って苦あああいっ!!!」 ブーーーーー!!!

ソーニャ「あああーーっ! 何しやがる! 制服が!!」 ビシャビシャ

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:44:43.55 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「キ、サ、マ……やはり死にたいようだな……ッ!!」

やすな「ご、ごめん! わざとじゃない! わざとじゃないよ!! それに、無理やり飲ませたソーニャちゃんが悪い!!」 

ソーニャ「開き直ってんじゃねー! どうしてくれるんだコレ?!」

やすな「落ち着いて! 着替えに私の服を貸してあげるから」

ソーニャ「ったく……はやくしろ」

やすな「洗濯するから、濡れた制服は脱いで」

ソーニャ「……しかたない…」

ぬぎっ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:44:54.98 ID:9WZwcRjh0.net
ふむむ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:45:16.50 ID:QvRyIQ7g0.net
ええよ

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:46:38.35 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ムフフ……」 (じー

ソーニャ「っ!! 見てんじゃねー!!!」

ボカッ!!

やすな「痛い!!」

ソーニャ「こんなところで着替えられるかっ! 脱衣所はどこだ?」

やすな「もう……別に恥ずかしがらなくてもいいじゃない。 女の子同士なんだからぁ」

ソーニャ「嫌だよ」

やすな「ちぇっ… 脱衣所は部屋を出て廊下の突き当たり。 はい、これ着替え」

ソーニャ「ふん。 借りるぞ」

やすな「脱いだ服は洗濯機につっこんどいて」

ソーニャ「そうさせてもらう」

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:48:48.28 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 数分後……


ソーニャ「おい……」

やすな「何?」

ソーニャ「これ……パジャマじゃねーか!」

やすな「ぷぷぷ……かーわいい! 似合ってるよ、ソーニャちゃん!」

ソーニャ「これじゃ外に出られないぞ…?」

やすな「制服は洗濯しないといけないし、今日はもうウチに泊まっていくしかないね!」

ソーニャ「キサマ……はじめからそのつもりで?…」 ピキピキ

やすな「そうだ! 洗濯機かけるついでに、私もパジャマに着替えてこよっと!」

ソーニャ「おい、聞け!」

やすな「えー、だって、私だけ制服だと変でしょ? パジャマパーティーなのに」

ソーニャ「何だよ、パジャマパーティーって?! 勝手に進めんな!!」

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:50:52.32 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 結局、2人ともパジャマに着替えました。


やすな「さあ、パジャマパーティーの始まりだぁ!!」 (ババーン!

ソーニャ(私としたことが……やすなの罠にまんまと嵌められてしまった……)

ソーニャ(……まあ、今日と明日は仕事の予定も入ってないし、泊まっていくくらいは別にいいか)

やすな「さぁさぁ、パーティなんだから、遠慮なく飲んで!」

ソーニャ「何言ってるんだ、お前も飲むんだよ」

やすな「えっ……私、ビールは苦くて飲めないよー。 さっきので分かったでしょ?」

ソーニャ「貴様……私の酒が飲めないってのか?」 ドンッ!

やすな「ソーニャちゃん……もう酔ってる?」

ソーニャ「酔ってない」

やすな「ほんとにー? とにかく、私はビールは無理だから、ジュースで……」

ソーニャ「そう言うと思って、チューハイも買ってきてやったぞ、ほら」

やすな(あ、この子、最初から私にお酒飲ませる気満々だったのね……)

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:52:51.68 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「チューハイってどんな味? 苦くない?」

ソーニャ「味はいろいろあるけど、どれもジュースみたいなもんだよ」

やすな「本当かなぁ?…(コクッ) あ……ビールより飲みやすい。 ……これ好きかも!」

ソーニャ「そうだろ?」



やすな「ふふふ……なんか私たち、『不良』って感じだね、ソーニャちゃん」

ソーニャ「なんだそれ」

やすな「こうやって家に集まってさ、親が留守なのを良いことにお酒飲んでるなんて、不良少女だよ!」

ソーニャ「ふん。 もとより優良少女じゃないだろ」 (グビグビ

やすな「チューハイも美味しいし、ゴクゴクのめちゃう!! ビバ! 不良!」 (グビグビー

ソーニャ「それはよかったな (法令遵守はどこに行ったんだ…)」

やすな(なーんだ、チューハイとか大したことないじゃん。 これなら楽勝だ。 ソーニャちゃんがビールで酔い
潰れるのが楽しみ!)



チョー: Baby, please kill me...

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:54:39.00 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 1時間後!!


ソーニャ「そういえば言い忘れてたけど、ビールよりもそのチューハイのほうがアルコール度数高いぞ」

やすな「……」

ソーニャ(って、今さら言っても遅いか……)

やすな「……」

ソーニャ(まさかチューハイ2本で潰れるとは)

やすな「……」

ソーニャ(もっと盛り上がるかと思ってたのに……つまらん)

やすな「……」

ソーニャ(次は、もっと弱いチューハイを選んでこないといけないな)

やすな「……」

ソーニャ(……こいつ、さっきからピクリともしないけど、大丈夫か?)

やすな「………………うっ……ぐふっ…」

ソーニャ「お、おい……やめろ! ここでは出すな!」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:56:40.25 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「うう……」

ソーニャ「まだ出すなよ……」

ズルズル

ソーニャ「この家のトイレはどこだ…?」

ズルズル

ソーニャ「くそう、なんで私がこいつの世話を……あ、トイレここか」

やすな「う……」

ソーニャ「おい、トイレに着いたぞ」

やすな「へ……ソーニャひゃん? どうひたの? といれ?」

ソーニャ「『どうしたの』じゃないだろ。 とりあえず出せ」

やすな「だせって……なにを? おしっこ?」

ソーニャ「まったく、しょうがないな……そぉい!!!」  ドゴォ!!!!

やすな「ぐふうっ!!? …うっ……ウゲロロロロロロロロオオオ!!!」 ビチャビチャ

ソーニャ(うわぁ…)

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 04:58:36.25 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「どうだ? すっきりしたか?」

やすな「う、うん……。 なんか出ちゃいけないものまで出た気がするけど……」

ソーニャ「立てるか?」

やすな「ちょっと……肩貸して……」

ソーニャ「ほら」

やすな「ありがとう……」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:00:30.95 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 再び、やすなの部屋


ソーニャ「とりあえず寝ろ」

やすな「……ごめんねソーニャちゃん……せっかく、ウチに遊びに来てくれたのに……」

ソーニャ「別に……(まあ半分は私の責任だしな……)」

やすな「こんなんじゃ……私、ソーニャちゃんの恥ずかしい写真、撮ってあげれないね……」

ソーニャ「……もう一度吐きたいのか?」

やすな「す、すみません……」

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:02:30.35 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ(さて……どうしたものかな)

ソーニャ(とりあえず水分を補給させるか)

ソーニャ(生理食塩水とかが良いはずだが……)

ソーニャ(食塩とか見つかるかな? 他人の家の台所のことはよく分からないからな……)

ソーニャ(こんなことになるなら、スポーツドリンクも買っておくんだったな)

ソーニャ(ん? テーブルの上に、ちょうどいい飲み物が残ってるじゃないか)



チョー:  青   汁 



ソーニャ(これを飲ませておけば大丈夫だろう。 栄養とかもありそうだし)

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:04:34.59 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「うう……ソーニャちゃん……そこにいる?」

ソーニャ「いるぞ」

やすな「気持ち悪いよぉ……助けて……」

ソーニャ「これでも飲め」

やすな「ありがとう……(ゴクッ)…ぶわっ! まっず! これまっず! 何飲ますの?!!」

ソーニャ「青汁」

やすな「もう……ソーニャちゃんじゃあるまいし、こんなときに青汁なんか飲めないよ……」

ソーニャ「あぁん? テメェが用意したもんだろ! 飲め!」

やすな「えっ? 私が用意した……? ちょ……それはまずい! それはまずいよソーニャちゃん!」

ソーニャ「不味くても飲め!」

やすな「いや、そうじゃなくて……」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:06:14.87 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「つべこべ言わずに飲め!」

やすな「…むぐ…むぐぐぐぐ!」

ソーニャ「口を開け!」

やすな「んーん!!」

ソーニャ「お前がそのつもりなら、私にも考えがある。 『水責め』という拷問があってだな。 まあ要するに、水を
無理やり飲ませる拷問なんだが」

やすな「んん!?」

ソーニャ「安心しろ、私もプロだ。 確実に飲ませてやる。 ……オラァ!!!」

やすな「んんん! ちょっ……ソーニャちゃんやめ…ごぼ…ごぼごぼごぼごぼごぼ!」



チョー: Baby, please kill me...

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:08:35.49 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「よし、全部飲んだな」

やすな「ゲホっ…ゲホっ……うう……ソーニャちゃんひどい……」

ソーニャ「お前が素直に飲まないからいけないんだ」

やすな「違うの! 聞いて!」

ソーニャ「ん?」

やすな「さっきの青汁には、あぎりさんから貰った怪しいお薬が入ってたの!」

ソーニャ「何? 何でそんなものが青汁に??」

やすな「どうしてくれるのよ、ソーニャちゃん!? 私、飲んじゃったじゃん!!」 

ソーニャ「いや、そんなこと言われても……ん? ちょっと待て。 お前……そんなものを私に飲まそうとしてたのか…?」

やすな「へっ? あ……(しまった、ヤブヘビだ!)」

ソーニャ「貴様っ……!!」 (ゴゴゴゴゴ……!!

やすな「ひいいいぃぃ!! ……あっ、やばい。 酔ったせいで身体がフラついて逃げれない」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:10:32.61 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「では……怪しいクスリを私に飲まそうとした 『 罰 』 を受けて貰おうか……!!」

やすな「そんな!? 結果的には私が飲んだんだから、許してよ!!」

ソーニャ「飲まそうとした時点で許されないだろ!!」

チョー: ソーニャはそう言い放つと、やすなの両脚に自分の脚を器用に絡ませ、数字の『4』の字になるように
ガッチリと固定するとキツく締め上げた!! 足4の字固め、別名フィギュアフォー・レッグロックである!!!

やすな「うぎゃあああ! 折れる! 折れる!!」

ソーニャ「これで反省したか?」 (ギシギシ

やすな「あっ…あっ!!……そ、ソーニャちゃんっ!  もうちょっと優しく!」

ソーニャ「『罰』なんだから、優しくしたら意味無いだろ」 (ギリギリギリ

やすな「やっ……だ、だめぇっ!! ……うっ……んあっ!」

ソーニャ「ん?」 (グググ…

やすな「んふっ……ああんっ!」

ソーニャ「……おい、気持ち悪い声を出すな」

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:12:37.68 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「んっ……ソーニャちゃん! …も、もっと……!!」

ソーニャ「もっと?? …おかしいな……効いてないのか?」 (グググッ!!

やすな「あああっ! くっ! …はぁはぁ……んあっ……はぁはぁ……」

ソーニャ「???」

チョー: ソーニャは困惑した表情を浮かべ、技を緩めた!! やすなの反応が普段とは違ったからである! 
それは、やすなに対して日常的に技を掛けているソーニャだからこそ、気付くことができた異変であった!! 

ソーニャ「お前……何か変だぞ? 酔ったせいか?」

やすな「……はぁ……はぁ………もう、終わり?」

ソーニャ「なんだ、まだして欲しいのか」

チョー: ソーニャは頷いて、足4の字固めの姿勢から上半身を起こして体勢を整えると、腰を落として体重を掛
けながらやすなの脚を再び締め付けたぁっ!! 監獄固め、別名監獄ロックであるっ!!!

やすな「いだだだだだ!!! 痛い! これマジで痛いよソーニャちゃん!!」

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:14:35.46 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「よしよし……今度は効いてるな」

やすな「いいっ! くっ…んっ……あんっ!!」

ソーニャ「……?」

やすな「んんっ! ……んっ…んんんあっ!!!」 (ビクンビクンッ!

ソーニャ「……おい……お前、やっぱ変だぞ」

チョー: ソーニャは技を解いて、心配そうにやすなの顔を覗き込んだ。 やすなは頬を紅に染めて、苦しそう
に荒い呼吸を繰り返している。 そして、何かを期待するような瞳でうっとりとソーニャを見つめるのであった!!!

やすな「……はぁ……はぁ……」

ソーニャ「な、何だよ……そんな目で私を見るな」

やすな「ねぇソーニャちゃん……もっと……して……」

ソーニャ「は?」

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:16:25.50 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「なんか……ソーニャちゃんに技を掛けられると……痛いけど、気持ちよくて……」

ソーニャ「なんだそれ……キモッ!」

やすな「きもっって?! もう、失礼しちゃう! さっき飲まされたお薬のせいだよ!!」

ソーニャ「薬? ああ……そういえば、何の薬だったんだ?」

やすな「えっ? 何って……その……」

ソーニャ「なんだよ? 言えないような薬なのか?」

やすな「……あぎりさん秘伝の、媚薬」

ソーニャ「あぎりの媚薬?!! お、お前! よりによってそんなものを私に飲ませるつもりだったのかっ?!」

やすな「だって!……せっかくソーニャちゃんがウチに来てくれたんだから、こんなチャンスは無いと思って……それで……」

ソーニャ「何考えてんだ! このっ……! ばかっ!」

ボカッ!!

やすな「ああんっ!! 気持ちいいっ!!」 (ビクンッ!

ソーニャ「ああっ?! これじゃ殴るのは逆効果だ!!」

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:18:42.19 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「…はぁ……はぁ……ソーニャちゃん……もっと……もっと、痛いことしてちょうだい! ……関節技とか…
…はぁ……はぁ……思いっきり掛けてくれても、いいよ?」

ソーニャ「……嫌だよ」 (ドン引き

やすな「どうして? いつもやってるじゃん」

ソーニャ「頼まれてやるような事じゃ無い」

やすな「ほらぁ、媚薬で火照った私のカ・ラ・ダ……ソーニャちゃんの技で、慰めて……あはぁん……」 (チラッ

ソーニャ「何のマネだそれは」

やすな「くっ……私の誘惑に屈しないとは、さすがプロの殺し屋……手強い」

ソーニャ「誘惑してるつもりだったのか」

やすな「……ああん……あああんっ!……」 

ソーニャ「今度は何だ」

やすな「…んんっ……うんっ……ああん……うふん……」

ソーニャ「……おい」 (イライラ

やすな「……あ゛あ゛あ゛!! くそぅ!! もう! 媚薬でよがり狂った女の子が目の前にいるというのに、襲い
掛かってこないなんて! ソーニャちゃんはどうかしてる!!」

ソーニャ「どうかしてるのはお前の方だ」

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:20:35.55 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「そっちにその気が無いなら……こっちから襲ってやるぅっ! ウエッヘーーイ!! ソーニャちゅわ
あぁぁぁん!!」 (バッ!

ソーニャ「鬱陶しい……来るな!」

ドガッ!!

やすな「あひぃいん! 気持ちいいっ! 気持ちいいっ!」 (ビクンビクン

ソーニャ「あっ! 思わず殴ってしまった」



ソーニャ(くそっ、不本意にもご褒美を与えてしまった)

ソーニャ(これじゃ殴りたくても殴れないな……調子が狂う)

ソーニャ(あぎりの奴、ロクでもない薬をやすなに渡しやがって)

ソーニャ(……本人に直接文句を言ってやる)



プルルル…

ソーニャ「もしもし、私だ」

あぎり『ソーニャ? どうしたのー?』

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:22:42.18 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「お前、やすなに薬を渡しただろ?」

あぎり『はい、渡しましたよー』

ソーニャ「その薬のせいで、やすなが面倒なことになってるんだが、なんとかしろ」

あぎり『あっれー? おかしいですねぇ。 その薬、ソーニャに飲ませるって聞いてたんだけど……』

ソーニャ「お前、知ってて渡したのか?!」

あぎり『だって……おふたりは「そういう関係」だからー、そろそろ「そういうお薬」を使ってみたくなる頃なのかなぁって』

ソーニャ「どういう関係だ! そんなんじゃねぇ!!」

あぎり『あら、違ったのー? てっきり、そこまで進んでるのかと……』

ソーニャ「何を根拠に……」 (ムカムカ

あぎり『それはともかく……お薬の効果、凄いでしょー? この機会を利用して、2人の関係を一歩進めてみては? うふふ…』

ソーニャ「そんなことするか!!!」

あぎり『もう、せっかくのチャンスなのに……相変わらず意気地無しですねぇ』

ソーニャ「誰が意気地無しだ!!! ああ!! もう!! とにかく、なんとかしろ!」

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:24:46.84 ID:gbnFhSLL0.net
あぎり『なんとかしろと言われましてもねぇ……数時間もすれば、自然に治まると思いますけどー?』

ソーニャ「数時間か……仕方ない、しばらく放置しておくか」

あぎり『まあ、そんな危険なお薬じゃないですから、ご心配なく。 お酒と一緒に飲んだりしない限りは、無害ですしー』

ソーニャ「…ん? 酒? ……そういえば、ちょっと前までチューハイを飲んでたな」

あぎり『ええーっ?! 困りますねぇ、用法・用量はきちんと守ってもらわないと』

ソーニャ「酒と一緒に飲むと、そんなにマズいのか? まあ、チューハイは吐いて出したから大丈夫だと思うが」

あぎり『体内に少しでもアルコールが残ってると、アウトですよー』

ソーニャ「アウトって……どうなるんだ?」

あぎり『身体じゅうの穴という穴から血を噴き出して死にますね』

ソーニャ「え…………? おいっ!! 劇薬じゃないかそれ!! 洒落になってねぇぞ!!」 

あぎり『あ、でもぉ、3時間以内に摂取すれば効く解毒剤がありますよー』

ソーニャ「それを早く言え!」

あぎり「その解毒剤が、こちらになりまーす」 スッ

ソーニャ「!?」

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:26:32.37 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「お前……いつからそこに……?」

あぎり「けっこう前からですけどー?」

ソーニャ「まあいい……とにかく解毒剤をよこせ」

あぎり「はい、これでーす」

ソーニャ「おい……これのどこが解毒剤だ」

あぎり「秘伝の淫具です。 1本8000えーん」

ソーニャ「高ぇ! いや、それよりも……淫具って……」

あぎり「女の子同士でも、使えますよー?」 (ニッコリ

ソーニャ「ふざけんな! 解毒剤を出せ!」

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:28:34.69 ID:gbnFhSLL0.net
あぎり「まあまあ。 解毒剤は、この淫具の表面に、塗ってありまーす」

ソーニャ「なんでそんなことを……」 イライラ

あぎり「えー? だって、これ、もともとこうやって使うものですから……」

ソーニャ「仕方ない……ほら、8000円」

あぎり「まいどありー」

ソーニャ「で、どうやって使うんだ? この……淫具は」

あぎり「もう、ソーニャったらー。 分かってるくせにぃ」

ソーニャ「分からないから訊いてんだよ!」

あぎり「その淫具の表面に塗ってある解毒剤は、粘膜から吸収されるんですよー」

ソーニャ「…やはり、『そういう使い方』をするのか……」

あぎり「それじゃあ、ソーニャ」

ソーニャ「ん?」

あぎり「が・ん・ば・っ・て!」 ドロン!

ソーニャ「おい! なんだよ『頑張って』って?! くそっ……消えやがった!」

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:30:41.60 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ(なんだ、この展開は? …まさか、全部あぎりの仕込みじゃあないだろうな……)

ソーニャ(こういう事に関しては、あぎりは信用できないからな……)

ソーニャ(考えてみれば、胡散臭い話だ。 『全身の穴という穴から血を噴き出して死ぬ』だの、『淫具に解毒剤が
塗ってある』だの……どこまで本当の話なのやら。 どうせ、私にこの淫具を使わせるための方便に決まってる)

ソーニャ(何が狙いなのかは知らないが……あぎりのことだから、どうせ私とやすなをくっつけようとして変に気を
回してるんだろう)

ソーニャ(何にせよ、あぎりの話が嘘であることがはっきりすれば、この淫具は使わずに済むな)

ソーニャ(だが、現段階で、あぎりの話が本当である可能性は否定できない)

ソーニャ(……確か、あぎりは、解毒剤を3時間以内に摂取しろと言っていたな)

ソーニャ(もし、万が一、あぎりの話が本当だったらどうなる? ……3時間以内にこの淫具を使わなければ、
やすなは死……)

ソーニャ(……)

ソーニャ(タイムリミットが3時間しかない以上、その間にあぎりの話が嘘であることを証明するのは事実上不可能
だ。 あぎりはそこまで計算済みか……)

ソーニャ(つまり……あぎりの話がどれだけ胡散臭く思えたとしても、私は3時間以内に、この淫具をやすなに
使わざるを得ない……というわけだ)

ソーニャ(……あぎりの奴、ハメやがったな)

チョー: Baby, please kill me...

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:32:39.25 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「あれぇ…? ソーニャちゃんったら、そんなエッチなモノをあぎりさんから買っちゃってぇ……」

ソーニャ「いや、コレは……」

やすな「ふひひひ……ソレを何に使うつもりなのかなぁ?」 (ニヤニヤ

ソーニャ「て、てめぇ……! 今のあぎりの話、お前も聞いてただろ?!」

やすな「ううん。 あんまり聞こえてなかった」

ソーニャ「……そうか。 それじゃあ改めて説明してやるが……お前が酒と一緒に例の媚薬を飲んでしまったから、
解毒剤が必要なんだそうだ」

やすな「ふーん」

ソーニャ「それで、その解毒剤がこの淫具の表面に塗ってあるらしいから……コレを……」

やすな「ソレを?」

ソーニャ「コレを……その……お前の……」 

やすな「私の……何?」

ソーニャ「(ゴニョゴニョ…)」 (赤面

やすな「声が小さいよ! もっとはっきり!」

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:34:37.63 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「ええい! 何で私がこんなことを説明しないといけないんだ!!」

やすな「もっと詳しく具体的に説明してくれないと分からないよー!!」

ソーニャ「貴様……本当は分かってて、私をからかってるだろ?」

やすな「てへへ、バレた? ごめん☆ 本当は、あぎりさんの話、全部聞いてた」

ソーニャ(くそっ、ぶん殴ってやりたいところだが……今のこいつは殴っても逆効果だし、我慢するか……)

やすな「その淫具に塗ってある解毒剤、粘膜から吸収しないといけないんでしょ?」

ソーニャ「そういうことらしい」

やすな「そういうことなら、仕方ないね。 ……ソーニャちゃん、優しくしてね?」 (ポッ

ソーニャ「おい……」

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:36:21.75 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ(くそっ……やはり、こういう展開に……)

ソーニャ(私とやすなは、まだそういうことをする関係じゃないのに……あぎりの奴、余計なことを)

ソーニャ(はっ!? 待てよ? よく考えたら、この淫具、なにも私がやすなに使ってやる必要は無いじゃないか。 
やすなが自分自身で使えば良いだけの話だ)

ソーニャ(あぶないあぶない。 危うく、あぎりの術中にハマって、一線を超えてしまうところだった)



やすな「ほらぁ、ソーニャちゃん、はやくしてちょうだぁい……」

ソーニャ「どうして私がやる前提なんだ? 自分でやれ、自分で」 

やすな「えっ、ソーニャちゃん……私が自分でしてるところを見たいだなんて…… そういう趣味?」 (ゴクリ…

ソーニャ「(イラッ) 誰もそんなこと言ってない」 

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:38:28.91 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「でもやっぱり……私、ソーニャちゃんにしてほしい」

ソーニャ「(ドキッ!) ……お、お前……そういうことを……」 

やすな「……ダメかな?」

ソーニャ「ダメっていうか……お前なぁ……」 

やすな「……私、媚薬のせいで……身体が疼いてしかたないの。 正直……もうがまんできないっ…!」

ソーニャ(そういえば、こいつ、今は酒と媚薬のせいで酔っ払ってるんだったな。 面倒くさい……)

やすな「ねぇ、ソーニャちゃん……いいでしょ? ……お願い……」 (うるうる

ソーニャ(……いや、こいつの場合、面倒くさいのは元からか)

やすな「…………ソーニャちゃん……来てぇ……」 

ソーニャ「やすな……」

チョー: しばし無言で見つめ合う二人……やすなの瞳にうっすらと浮かんだ涙に、ソーニャは何を思うのか?!
張り詰めた空気の部屋には、やすなの荒い息の音だけが響く!! 何かを決意したかのように軽く頷くソーニャ
の手には、あの淫具がしっかりと握られていた……!!

チョー: さあ、どうする、ソーニャ!?

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:40:21.71 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「そんなにコレが欲しいなら……口にでも咥えてろっ!!!!」

チョー: ソーニャはそう怒鳴るが早いか、手にした淫具をやすなの口に無理やり捻じ込んだァッ!!

ズボォ!!!!!

やすな「むぐぅ!!!!」



ソーニャ「まったく……酔っ払いには付き合ってられない」

やすな「ううう……ほーははん、ひほい……(ううう……ソーニャちゃん、酷い…)」

ソーニャ「解毒剤は口内の粘膜からでも吸収されるだろう。 しばらくソレをしゃぶってろ」

やすな「は、はひ……(は、はい……)」 ちゅぱちゅぱ



チョー: めでたしめでたし

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:42:44.56 ID:QvRyIQ7g0.net
え?

86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:45:29.74 ID:SN3IvGiY0.net
わかってた

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:48:50.30 ID:gbnFhSLL0.net
あぎり「あ、言い忘れてましたけどー」 スッ

ソーニャ「うわっ! お前、まだいたのか?」

あぎり「さっき渡した淫具の解毒剤、下のお口の粘膜で吸収しないと効果が無いんです」

ソーニャ「はぁ?」

やすな「ってことは、上のお口でしゃぶっても意味無いんですか?」

あぎり「そうなんですー。 下のお口で咥えてくださいねー」

ソーニャ「適当なことばかり言いやがって! そんな解毒剤があるか!」

あぎり「本当ですってばー。 ……ソーニャ、今度こそ、ちゃんとしてあげてね?」 (ニッコリ

ソーニャ「っ!! てめぇ……後で覚えてろよ……!!」 (ムカムカ

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:49:41.12 ID:gbnFhSLL0.net
あぎり「あー……ソーニャ?」 (ヒソヒソ

ソーニャ「ああ!? 今度は何だよ?!」

あぎり「なんなら、手伝おうか?」 (ヒソヒソ

ソーニャ「ふ……ふざけんな!! 手助けなどいらん! やすなは私が何とかする!」

あぎり「あら……そう?」 (ニンマリ

ソーニャ「……っ!」

あぎり「それじゃあ、今度こそ……が・ん・ば・っ・て!」 ドロン!

ソーニャ「……くそっ……くそっ…!」

90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:50:23.43 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「……あぎりさん、行っちゃったね」

ソーニャ「ああ」

やすな「ソーニャちゃん……ありがと」

ソーニャ「何が?」

やすな「私の事を『なんとかする』って、あぎりさんに言ってくれたでしょ?」

ソーニャ「……聞いてたのか」

やすな「はい、コレ」

チョー: やすなそう言って、今までしゃぶっていた淫具をソーニャに差し出した。 ソーニャはそれをためらいがちに受け取る。

ソーニャ「……結局、私がやるのか」

やすな「だって、そう言ってくれたじゃん! 自分が言ったことは守ってよね!」

ソーニャ「……」

やすな「うふふ……いいのよ? 私のこと、ソーニャちゃんの好きなようにしてくれて」 (ポッ

91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:50:57.72 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「そうか。 じゃあ、さっさと済ませるか」

チョー: ソーニャは頷くと、やすなのパジャマのズボンに手をかけてグイッと思い切り引っ張った!! 

やすな「ちょ……いきなり何してんの?! 待って! パンツまで脱げちゃう!!」

ソーニャ「脱がそうとしてるんだよ」

やすな「そんな! まだ心の準備が……」

ソーニャ「うるせぇ! チマチマとやってられるか! 好きなようにしろと言ったのはお前だろ!」

やすな「お、落ち着いてソーニャちゃん! もっと紳士的に!」

ソーニャ「さっさと脱げ!! どりゃあ!!!!」 

スポポポーーン!!

93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:51:47.15 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「……てこずらせやがって」

やすな「ひ……ひどい……まだ心の準備ができてないって言ったのに……パンツまで…… (シクシク」

ソーニャ「いまさら恥ずかしがるなよ。 ほら、コレが欲しかったんだろ……?」

チョー: ソーニャは淫具を片手に、やすなににじり寄る! 対するやすなは、露わになった下半身を手で隠す
のに精一杯で、身動きが取れない!!

ソーニャ「その手をどけろ!! 望みどおりブチ込んでやる!!」

やすな「いやあああぁぁぁ!! 無理やり犯される!!! 助けて!! おかあさーん!!!」

ソーニャ「人聞きの悪いことを言うな! 合意の上だろ!!」

94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:52:20.15 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「もういいよっ!! ソーニャちゃんっ!! 私、自分でするからっ!」

ソーニャ「……最初からそうすればいいんだ」

やすな「もう……どうして、もっと……こう……雰囲気とかを大事にして、優しくしてくれないのかなぁ……
まあ、そういう事はソーニャちゃんには無理か」

ソーニャ「ああ!? どういう意味だそれ!!」

やすな「あれれ? じゃあ、優しくしてくれる?」

ソーニャ「……嫌だ」

やすな「やっぱ無理なんじゃんか」

95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:52:50.81 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「無理、っていうか……。 こんなことはさっさと済ませたい」

やすな「ええー……? ソーニャちゃんって……こういうこと事務的にやっちゃうタイプ?」

ソーニャ「事務的でもいいだろ。 だって……私たち、ただの友達じゃないか。 それなのに、こんなこと……。 
さっさと済ませないと、何か、私たち、友達同士じゃなくなってしまうような気がして……」

やすな「……『ただの友達』かぁ……。 そっか。 そりゃあ……そうだよね……」

ソーニャ「何だよ」

やすな「別に。 ただ……ソーニャちゃんって、全然その気が無いんだなぁって」

96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:53:35.85 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ソーニャちゃんと、もっと仲良くなって友達以上になりたいなぁと思ってたけど……無理なんだね」

ソーニャ「お前……」

やすな「あ、でも、それが普通だよね。 私たち女の子同士だし……あははは……」

ソーニャ「……」

やすな「今日も、せっかくソーニャちゃんがウチにきてくれたんだから、普段はできない事いろいろ試してみたん
だけど……全部ダメだったね。 なんか……がっかりしちゃう」

ソーニャ「……」

やすな「お酒とかお薬とかの勢いまで借りて、思い切ったことしたのに……失敗しちゃった」

ソーニャ(こいつ……ただ酔っ払って馬鹿やってるわけじゃなかったのか……)

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:54:33.34 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ(私は……こいつの気持ちに気付けてなかった……)

ソーニャ(……いや……気付いてないフリをしてただけか……)

やすな「……はぁ……ソーニャちゃんが、『やすなは私が何とかする!』って言ってくれたとき、凄く嬉しかった
けど……私の勘違いだったか……」

ソーニャ(……違う。 勘違いとかじゃないんだ、やすな……)

やすな「でもいいや。 ソーニャちゃんと一緒にお酒を飲んだりして、今日も楽しかったし」

ソーニャ「……」

やすな「それに、さっき、ソーニャちゃんに、私たち『友達同士』だって、言って貰えたから」

ソーニャ「それは……」

99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:55:17.91 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「それが良いよね、私たち、『ずっと友達』って…」

ソーニャ「……」

やすな「…いつだったかなぁ、学校の帰りに、そんなこと約束したもんね…」

ソーニャ「……」

やすな「…ソーニャちゃん、覚えてる?」

ソーニャ「ああ、覚えてる (忘れるわけがないだろ)」

やすな「私たち、これからもずっと友達でいようね、ソーニャちゃん!」

ソーニャ「…………」

やすな(……あ、あれ? 返事無し?! まさかのゼロ回答?!)

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:56:11.67 ID:gbnFhSLL0.net
ソーニャ「……お前は、それで良いのか? ずっと友達のままで」

やすな「うん。 だって私…」

ソーニャ「……」

やすな「…私………ソーニャちゃんとずっと一緒にいれるなら、それで……」

ソーニャ(……やすな……)

ソーニャ(……ずっと一緒にって……)

ソーニャ(そんなこと、私たちには……)

ソーニャ(……)

ソーニャ(くそっ……)

ソーニャ(くそっ……! くそっ……!)

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:56:26.97 ID:QvRyIQ7g0.net
友達じゃダメよ

102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:57:51.20 ID:Jvd5Qzuc0.net
ふむふむ

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 05:59:26.96 ID:9WZwcRjh0.net
ほう……

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:01:30.27 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ほら、その解毒剤の淫具、私が自分でするから。 ソーニャちゃんは部屋の外で待っててくれる?」

ソーニャ「……」

やすな「……何? もしかして……本当に、私が自分でしてるとこ見たい趣味なの?」

ソーニャ「ち、ちがうっ……」

やすな「……じゃあ……外に出ててよ。 恥ずかしいじゃん……」

ソーニャ「くっ……」

やすな「ドアの外で聞き耳立てたりしたらダメだからね!!」

ソーニャ「くそっ……」

109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:03:32.67 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ソーニャちゃん? 聞いてる?」

ソーニャ「くそっ……くそっ……」

やすな「? ……ソーニャちゃん、怒ってる?」

ソーニャ「怒るかっ! ばかっ!!」

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「くそっ……!! さっきお前に『ずっと一緒に』とか言われたばかりなのに……お前を残して出て行けるわけないだろっ!!」

やすな「ソーニャちゃん……」

114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:05:12.98 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: ソーニャはやすなの胸元を乱暴に掴むと、グイッと顔を引き寄せて睨み付けた。

ソーニャ「お前ッ!! 私とずっと一緒にいたいと言ったな?! 嘘だろ! そんなの! 嘘だと言えっ!!」

やすな「……ほんとだよ」

ソーニャ「くそっ……! お前、分かってんのかっ! 私は殺し屋だぞっ!! いつ一緒にいられなくなるか……」

やすな「そんなの……わかんないよ。 ただ……ソーニャちゃんと一緒にいたいから……」

ソーニャ「くっ……! くそっ……! くそっ……!! ……くそっ!!!」

チョー: ソーニャはそうやって、何度もくそっ、くそっ、と繰り返す。 いつの間にか、ソーニャの頬には涙が伝っ
ていた。

115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:06:39.06 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ソーニャちゃんは……どうなの?」

ソーニャ「わ、私は……」

やすな「……」

ソーニャ「……私……」

やすな「……」

ソーニャ「…………やすなと……ずっと一緒にいたい……」

チョー: ソーニャはそう呟くと、力が抜けたようにペタリと座り込んだ。

ソーニャ「でも、約束できないんだ、私。 お前とずっと一緒にいるなんて、そんなこと……だって、私、殺し屋
だから、いつ、お前と、会えなくなるかも……。 ごめん、やすな」

やすな「ソーニャちゃん……」

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:08:01.53 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「今、一緒にいるよ、ソーニャちゃん」

チョー: やすなはそう言って、両手でソーニャの手を強く握った。

やすな「私たち、今、一緒にいるよ!!!」

ソーニャ「……」

やすな「明日も! あさっても! 一緒にいるよ!!」

ソーニャ「……」

やすな「ね?」

ソーニャ「やすな……」

やすな「えへへへ……」

ソーニャ「…………ありがとう……」

チョー: ソーニャは深く息をついて、やすなの背中に手を回して抱きしめた。

やすな「ソ、ソーニャちゃん?!」

ソーニャ「お前は、本当にうっとうしい奴だ。 だけど……」

ソーニャ(だけど、一緒にいたい……)

118: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:09:01.68 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: やすなは、ソーニャに抱きしめられ瞬間は驚いて固まっていたが……やがて、自分も少し遠慮がちに
ソーニャを抱き返した。 やすなを抱きしめているソーニャの腕に、ギュッと力が入る――



やすな「ソーニャちゃん……私たち、今、一緒にいるね?」

ソーニャ「ああ。 今、私たち、一緒にいる」


チョー: ソーニャはそう呟いて、やすなをそっと押し倒した。



チョー: Baby, please kill me...

121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:10:37.57 ID:QvRyIQ7g0.net
ええよええよ

122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:11:03.67 ID:UzYyh9k/0.net
えんだあああああああああ

124: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:12:45.45 ID:gbnFhSLL0.net
チョー: 朝!!!


やすな「うーん、よく寝たー!」

やすな「ん? ……うわっ!! 誰、この金髪美少女?!! って……ソーニャちゃん!? 髪下ろしてるから、一瞬誰だか分かんなかった」

やすな「いや、それよりも……なんでソーニャちゃんが私の隣に寝てるの…??」

やすな「……たしか……昨日はソーニャちゃんをウチに呼んで……」

やすな「それから一緒にお酒を飲んで……」

やすな「あれ? おかしいな……あんまり記憶が無い……」

やすな「まあいいや、とりあえずソーニャちゃんの寝顔を写真に……」 (パシャッ

ソーニャ「ん……」

やすな「あ……ソーニャちゃん、起きた?」

ソーニャ「ああ……やすな。 もう朝か。 おはよう。 ふふっ……お前、まだ生きてるってことは、あの解毒剤が効いたんだな」

やすな「へ? 解毒剤?? 何のこと?」

ソーニャ「何のこと、って……お前、昨日あんなに大騒ぎしたのに……」

やすな「そうだっけ? なんか、お酒飲んだ後のことはあんまり覚えてなくて」

ソーニャ「は?」

125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:14:31.52 ID:c5wPSNif0.net
は?

127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:15:03.21 ID:QvRyIQ7g0.net
ん?

128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:15:35.14 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「何かあったの?」

ソーニャ(この馬鹿が……あんな事があったのに、覚えていないだと?)

やすな「あ…あれ? もしかして、私……お酒飲んだ後で何かやっちゃった?」

ソーニャ「……いや……何も無かったよ。 ほら、シャワー浴びて、着替えて、学校行くぞ」

やすな「もしかして、ソーニャちゃん怒ってる?」

ソーニャ「別に怒ってない」

やすな「じゃあ何があったか教えてよ! 気になる!!」

ソーニャ「一生忘れてろ」

やすな「もー! ソーニャちゃんのいじわる! 教えてくれてもいいじゃん!!!」

ソーニャ「……知らんっ!! お前なんか死ねっ!!」

ボカッ! ガッ! バキッ!!!!

やすな「痛っ…痛い! いつもの3倍は痛い!! ちょ…何? やっぱ怒ってるでしょ?!」

130: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:16:34.53 ID:c5wPSNif0.net
1番肝心なところがとばされてるんですがそれは

131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:16:38.93 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「ん……あれ? なんだコレ?!」

ソーニャ(あ、それは……昨日の淫具…)

やすな「……えっ…? 何コレ??? 何でこんなものが私の部屋に…??」

ソーニャ「……」 プイッ

やすな「えっ? えっ? ソ、ソーニャちゃん……?? コレ……」

ソーニャ「……」

やすな「ま、まさかソーニャちゃん……私が酔って寝てるのを良いことに、コレを使って欲望の赴くままに私の
身体を……!!」

ソーニャ「てめぇ!! またそういう事を!! 合意の上だっただろ?!!」

やすな「…………えっ?」

133: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:17:29.74 ID:gbnFhSLL0.net
やすな「合意の上で、って……じゃあ…もしかして、ソーニャちゃんと私……昨日の晩……」

ソーニャ「……っ」(カアアァァァァァ///) 

やすな「………………そっかぁ……えへへへ」

ソーニャ「な…何だよ」

やすな「別に。 さあ、ソーニャちゃん、一緒に学校行く準備しようね」

ソーニャ「……そうだな」






チョー: 『びやくのまされわすれいんぐ』

おわり

137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:21:34.29 ID:7E0+9JEB0.net

141: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/10(木) 06:52:16.84 ID:kykVC2NW0.net
やっぱり!キルミーはおんりーわん!

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1404932955/


スポンサーリンク